旋風伊豆~伊豆から旋風を巻き起こす!~
WVO精神で、伊豆から日本を救う!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジエター暖房!?
立春を過ぎましたが、まだ1年で一番寒い期間です。
暖房は電気系でも石油系でもエネルギー消費が多くお財布も大変!

この時期、エンジン車の暖房がありがたいです。タダだし???

『電気自動車は暖房が苦手』と最近アチコチでよく聞きますが
ホントでしょうか?
正しい言い方は『エンジン車が異常に暖房が得意すぎ』なのです。

↑ココ大事です。
もう少し正しく言うと『エンジン車の効率が悪すぎる』のです。
棄てている熱が多すぎるので、暖房がたっぷり暖かいし
暖房ONしても燃費が変わらないのです。
(厳密にはすこーし悪くなるけど判らないくらいってこと)


↓下の絵は、この2月2日に開催された田中優さんの
 『未来の当たり前プロジェクト キックオフ会』より一コマ。
 (この会は、内容が盛りだくさんなので順次少しずつ載せて行く予定)
効率低下
↑『ガソリン車はエンジンの燃費が悪すぎる』↑とあります。
オレンジの棒がガソリン車、緑が電気自動車 です。
ガソリン車の効率は、最後の段階(ガソリン給油⇒走行)で84%くらい
から12%くらいに落ちます。この段階=エンジン効率は15%くらいしかない。

電気自動車は、この段階(電気充電⇒走行)の変換効率は80%くらいある。
でも途中の段階(燃料⇒電気発電)で98%くらいから40%弱に落ちる。
ここがやっぱりエンジン効率の悪さ、でもほぼ40%、自動車よりずっと良い!


何故、発電所のエンジンは40%、自動車のエンジンは15%なのか?
 (数値は 一例 として)
↓その答えが コチラ にありました。
 横軸がエンジン出力、縦軸がエンジン効率 です。
 数十kWのガソリン車15%レベル、十万kWの発電エンジンは40%レベル!
容量と効率グラフ
上のグラフは
村上信明先生の 昨日今日いつかくる明日~読切り「エネルギー・環境」~
より引用させて戴きましたmm
 ↓   ↓   ↓
http://www.mech.nias.ac.jp/biomass/murakami-book-4-2kou.htm
先生の説明文に
『小型になると熱効率は落ちるが、これは一般的に成り立つ。
 その最大原因はヒートロス(放熱損失)』 とあります。
(詳しくは先生のページへ)
子供が熱しやすく冷めやすい、すぐお腹がすく、と同じですね(笑)

最新のニュースでは、発電所エンジン効率は60%に近づいています。
でも、ガソリンエンジンの効率も40%に近づいています。

続いてこちらは、
『クラウンの直噴4気筒、最大熱効率38.5%に思う』という記事より。
その中に、マツダの資料でエンジン効率のグラフがありました。

  グラフ横軸がエンジン負荷、100%がアクセル全開の状態、
  縦軸がガソリンのエネルギーをどこに使ったかの割合です。
  一番下の『Effective output』がエンジン効率になります。
  負荷100%=アクセル全開でエンジン効率30数%ありますが、
  例えば負荷50%(普通に走るイメージ)では15%レベルに落ちます。
  エンジン車で安全に走ると効率は15%くらいなのですね。

効率グラフ
上のグラフは
クルマのミライ~ 山本晋也のブログ ~ より引用させて戴きましたmm
 ↓   ↓   ↓ (その元ネタは、マツダのエンジンの資料)
http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/archives/52313495.html

それでは残りの85%はどこへ行く?その答えが↑上のグラフに!
結論的には、『全~部 熱として排出』 されています。
グラフの上の『Exhaust loss』約30%は熱い排気ガスとして放出され、
『Cooling loss』約30%と残りの緑色部のloss約20%合わせて
50%が熱として主にラジエターから放出されます。

ちょっと数字がいろいろ並んで難しくなりましたかね。

まとめますと、
ガソリン車は、ガソリンのエネルギーの15%でクルマを走らせ
残りの85%を道に置いていきます。
重たい大きな鉄の塊を走らせる膨大なエネルギー(15%)の
5~6倍の超膨大なエネルギーを置いていくのです。

だからこの絵のように道路が真っ赤になっちゃうのです

で、
その超膨大なエネルギーの極一部を暖房に使うので、
あんなに暖かいけど燃費があまり変わらないのです。
暖かくてありがたい…なんて言ってる場合ではない…でしょ。

ということで、我が家でもラジエターを使って暖房!

年末にたまたま近所の自動車整備工場の廃材置き場で見つけた
事故車のラジエターをもらってきて、いろいろやってみています。
けれどいまひとつ暖かさが足りないので詳細はもう少し
頑張ってみてからご報告する予定です。
らじえたー暖房

このラジエターに流れる温水の熱源は、エンジン?ガソリン?
いや
割り箸ろけっと
一斗缶ロケットストーブ、燃料は棄て割り箸でお湯を沸かしています。
これについても別途詳細ご報告予定ですmm

たかがお湯を沸かすためだけにどうして核分裂を
  起こさせる必要があるのだろうか

   ↑こちら↑の演劇↑も見逃せない!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。