旋風伊豆~伊豆から旋風を巻き起こす!~
WVO精神で、伊豆から日本を救う!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽大な原子力エネルギー
偉大な太陽エネルギーの話題に続いて、
偽大(偽りの大きい)な原子力エネルギーの話題です。

書きかけmm

このように、3月8日にかきかけました。
あまり知られていない原発のアレコレを記しておこうと。
この次の記事は『地震』に関してのつもりでした。

その3日後に、起きてしまいました、大震災と東京電力原発事故が。

(今日は 早くも4月5日です)

わたしがアレコレ記すまでもなく、たくさんの原発情報が
あふれかえりました。知らない事もた~くさんありました。

デメリットは数えきれない、計り知れない、ですね。

メリット(CO2抑制)は、今は話題にあまりのぼりません。
ので、それだけ少し触れておきます。

下のグラフは、だいぶ前にコピペしておいたので
出典を忘れてしまいましたが、確かちゃんとした組織のモノです。
(出典元さん 忘れてるのに借用します ゴメンナサイ)
LCACO2
各種発電方式による1生涯のCO2排出量の比較です。
火力発電はケタが違うのでここでは除外されています。
石油や天然ガスが無くなる数十年後(数年後?)には
このグラフの中から選ぶしかありません、極端に言うと。

原子力発電に比べて
水力・地熱発電は明らかにCO2排出が少ないです。
太陽光・風力発電も、いずれは原発並みかそれ以下に出来ます。
リスクを増大させるリサイクル(プルサーマル)原発だって
CO2抑制効果は大きくありません。

更に
『原発の設備建設分ってこんなに低CO2なの?』という
素朴な疑問も感じますね。
こういう算出にはいろいろなカラクリがつきものですが、
少なくとも『現状の安全とは言えない設備』だと低CO2なの
かも、という見方ができます。
仮に『絶対安全な設備』(100%安全なんてありえないが)
でのCO2排出量を考えれば、圧倒的に太陽光・風力発電も
有利になるでしょう。
(他にも設置場所の制約や、周辺への配慮?(多額の補償金の分)や、
 事故が起きた時の対応費分など高CO2要因はキリがないです)

そうなれば、火力発電の代替は、原子力発電では無いことは明白。

風力もナカナカ難しい面があります、やはり『太陽エネルギー』を
直接活用するのが良いのではないかと思っています。
じらそーら

さあ、正しい方向へ進みましょ!
(早く まずは浜岡を止めねば!!!)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。