旋風伊豆~伊豆から旋風を巻き起こす!~
WVO精神で、伊豆から日本を救う!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽と地球・生命
今日12月22日は冬至です。太陽のありがたみを感じる日です。


植物も動物も天ぷら油も石油もすべての源は太陽エネルギーです。
でも、太陽のホントの事はあまり知りません、解かっていません。

とある場所で 『太陽と地球・生命』 というお話を聞きました。
          (by京大の柴田先生)
太陽1

様々な観測・研究が進んで、太陽の素顔が見えるようになってます。
太陽2
こうしてみると、 ただの恐ろしい星 に見えてしまいます。

もっと近くに寄って?みると
太陽3
(どうしてこんな絵が撮れるんでしょうねぇ~)

要するに 年がら年中 爆発してる星 なのですね。
その温度は100万度!(ってどんな温度!?)
まぁ、あんな遠くですべての源になっているのだから
とんでもない温度が必要なのでしょう。


その爆発(フレア)が時々異常に大きくなります。
フレアは黒点付近から発生します。
黒点の正体は『巨大な磁石』です。
巨大なフレアが起きると、強烈な磁気嵐が地球を直撃!!!

その磁気嵐による放射線の被爆の危険性が↓コチラ
太陽4
縦軸が被爆量(対数目盛です)
横軸の一番左・一番上の方が『太陽の高エネルギーによる被爆』
その右には 人類が絶滅しそうなレベルである旨の記述

 右の方には(ボクの大嫌いな)レントゲンのレベルや
 原発の従事者基準など気になる記述があります。


↓こちらは、古生代~新生代の『生命の大量絶滅』のグラフ
太陽5
グラフがガクッと下がってるところが『生命の大量絶滅』
一番右の先生が指さしてるのが 6500万年前、 
つまり、ボクが注目している『恐竜の絶滅』の時です。

先生が仰るには、6500万年前以外にも4回ほど絶滅している、
これが『太陽の超巨大フレアによる絶滅』の可能性があるという事。
太陽6

太陽の事、もっと知らなければいけませんね。
(柴田先生がんばって!)

詳しくは たぶんこの本に書いてありましょう。
太陽の科学


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。