旋風伊豆~伊豆から旋風を巻き起こす!~
WVO精神で、伊豆から日本を救う!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きく知る、過去と未来
4月、新年度のスタートにあたって今後を考える時期。
今後の為には、モノゴトを 『大きく知る』 ことから始めましょう。
この場合の 『大きい』 は時間の長さが長い事 を表しています。


日本が存続するためには、地球が存続せねばなりません。
3月中旬からの急激な温度上昇、4月の急激な冷え込み…
も問題ですが、もっと大きくみていわゆる地球の『気候変動』を
なんとかせねばなりません。

まず↓このグラフはよく見かけるココ1000年ほどの気温変化。
気候変動1
  最近の100年で異常に気温が上昇がしている様子です。
  しかしこれはホントに異常なのでしょうか?

更に大きく知りたい!
答えてくれたのが次の↓グラフ、10000年以上の範囲です!
気候変動2
   横軸:時間(現在から~約11000年前まで) 
   縦軸:1961~1990年平均値からの気温の偏差
   グラフ内:マーコットらの復元(新たに復元された期間)、
       マンらの復元(これまで復元されていた期間)。

 
自然界が約4000年かけて上げた温度、
    約6000年かけて下げた温度を
この100年でそれ以上に上げてしまいました。
やはり異常ですね、なんとかせねば!
 (出典:WIRED.jp 2013.3.12より)


次に日本を考える!
この先日本はどうすれば良いか?

最近『人口減少』のニュースをよく耳にします。
↓このグラフは内閣府の少子化対策のページにあります。
人口変動1
日本の人口は2010年頃に既にピークをむかえています。
推計ではこの先、坂を転げ落ちるように減っていきます。
65歳までの人口では既に1980年代にピークを過ぎ
坂を転げ落ちている、それが 実績値 なのです。

いったいどこまで減るのか?その疑問に答えてくれたのが
↓次のグラフ。このグラフは国土交通省作成です。
  (今回の出典元は、枝廣さんの
  ~日本の人口減少時代は"持続可能な社会"へシフトする「チャンスの時代~)

人口変動2
   横軸:時間(西暦800年~現在~22世紀) 
   縦軸:日本の人口(万人)


ものすごいグラフです。
日本の人口は22世紀には江戸時代と同じような3000万人台まで
減少を続けるかも、という予測結果です。

 そんなに減るのは異常???と考えるか
 こんなに増えてしまったのが異常!と考えるか

そう江戸時代です。
完璧な?循環型社会だった、と言われている『正しい』時代です。
ホントでしょうか?勉強しましょう!
江戸時代
勉強中です♪

さて、
日本は イケイケドンドン社会 を目指すべきなのでしょうか???
成長派の『アベノミクス』とか
脱成長派(枝野氏)の『エダノミクス』とか
ありますが
これからは江戸時代を見習って『エドノミクス』ですかね!

スポンサーサイト
新「恐竜時代」脱出!
だいぶ前に紹介した、田中優さんの本、
『ヤマダ電機で電気自動車を買おう』
恐竜0
まだ読み終わっていませんが、この本のプロローグは、
 ~ 脱「恐竜の時代」を ~ です。

人が作った「巨大企業」という恐竜 の時代から脱する方法を
様々な角度から説いています。
某企業は、ルーマニアやイスラエルよりも大きいそうな。

『温暖化を阻害する諸問題を無理なく解決できる方法を伝授!』
とあります。  すごいコトがいろいろ書かれています。
関心のある方!も無い方!も、是非一読あれ!!!


さて、
地球と人類の行く末を占う上で、恐竜とその絶滅の要因について
よ~く調べて理解することが大事だと思います。
恐竜について、ボクもボクなりに様々な角度から調査しました。

静岡にも恐竜が・・・以下、ある1日の調査結果です。


まずは、最新の部類でしょう、去年出来てしまいました、
静岡空港 に居る 飛行機たち。
恐竜2
航空会社の中でも、非恐竜な フジドリームエアラインの飛行機2色。

何故に、大きな動くものに感嘆してしまうんだろう。。。
ボクも思わず躍動してしまいました。
恐竜2-2
中央奥に、離陸する赤い飛行機。その手前の躍動する黄緑がボク!

アクセス道路も含めて、途方もない広大な野山を切り開いて
作られていました。。。なんとも言えない気分で、次へ。


続いて、静岡空港の近くに居る 良性?のちょっと古い恐竜。
彼らは絶滅寸前まで減りましたが、細々と生き残りましたね。
恐竜1
線路に並行して走る車の中からボクが撮りました。
『C56 44』のナンバーが見えます。
戦時中にタイに渡った出征機関車の1両だそうで、
タイ国鉄仕様の色カタチに復元されて頑張っています。

大井川の恐竜は、上り列車はオシリから進むのです。
機関士、助士も よく撮れています。
恐竜1-2
(6歳にしては、マアマアの腕でしょ!)

車は右折しながら、良性恐竜にバイバイ!
恐竜1-3
本日本命の『本物の恐竜』を見に、とある場所へ向かいます。


さて、
静岡県の、とある場所です。ワクワクです。
(あんまりうまく撮れてません m_ _m )
恐竜3-1

最初は、こんな小さな恐竜、と言っても全長5m!
リリエンステルヌス:初期の頃=三畳紀では最大の肉食恐竜。
恐竜3-2

ジュラ紀に入り、背中にヒレヒレがついたステゴザウルス全長9m と
ジュラ紀最大級の肉食:アロサウルス全長12m!
恐竜3-3

もっとでかい、草食恐竜ブラキオサウルス全長22m体重80t!
恐竜3-4

そして白亜紀、恐竜時代最後を飾るティラノサウルス全長12m
恐竜3-5
もっとも狂暴だったといわれるコイツが最後の恐竜だった。

でも、もっとでかいのは、優しそうにみえる草食恐竜だった。
背の高さを活用して皆の為に見張り番をしていたという説も。
でも体重80t!どんだけ食べるのでしょう・・・
さすがに食べるものも無くなっちゃうでしょ!?


これら『本物の恐竜』を見た率直な感想は、
「とにかくデカイ!無駄にデカイ!」
「どうしてそこまで大きくならなければいけなかったの?」
「そんなに大きくなるから環境の変化に対応出来なかったのでしょ」

恐竜絶滅の要因は、隕石衝突による気候変動・悪性の病原菌など
いろいろ推定されています。
が、いずれにせよ『大きくなりすぎた』のが主因でしょう。
『過ぎたるは及ばざるがごとし』『足るを知るべし』

優しそうな「巨大企業」という恐竜 にも同じ言葉をかけてあげよう!

新「恐竜時代」の終焉も近い。。。

夢のバレーボール
伊豆の田舎にバレーのドリームチームがやってきました!
せいれつ
左よりでマイクを持って挨拶をする『森田淳悟194cm』(デカイ)です。

今のボクはもっと大きな飛行機や恐竜も興味津々ですが、
今のボクは
中高大と10年間体育会系バレー部でした!

ドリームチームですので、良く知ってる選手が登場します。
左から『中田久美177cm』『江上由美175cm』『吉原知子180cm』
なかたえがみよしはら
その3枚ブロックです!
3枚ブロック
いやぁ~止められてみたい♪

基本的に女子チームですが、誰かケガをしたりすると
登場します『川合俊一195cm』ひときわデカイです。
かわい
ボクも川合の弟とは試合をしたことがあります。

試合終了後はお楽しみの抽選会で、ビックリ!
さいんぼーる
サインボールが当たりました♪中央が『江上由美』

200人に1人くらいの確率です。
しかも2ケ!つまり4万分の1の確率!!!
(一つは辞退しましたけどね)


バレー選手はデカイですけど、
もっとデカイものが、静岡にやってきました。
それは・・・また載せますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。